<   2005年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

別れ。

彼氏とは、何も話す余地無く別れました。
「今までの時間を返せ」とも言われました。

それでも私は何も言い返せないです。
でも、時間は共有するものであって、返せって言われたのは結構傷付きましたかね。

でも。また変な話になってしまいますが(笑)
結局、浮気してた人と付き合う事になりました。
精神的に支えられてたのは、こっちの人かな・・・って。

それに、今まで埋められなかったものを全部埋めてくれるって言ってもらえたんです。
それだけで、満たされちゃう私は、やっぱり変なんですかね。

でも、もう最後の恋だと思います。
愛とか解らなく育って来たので、愛を学べたらと思います。

ノリとか、軽い気持ちじゃ無いんです。
故に・・・病気の事を告白出来ていません・・・・・・・・・(汗)
でもいつか、サラっと言えたらと思います。

なんだか、もう人と付き合うの怖くなってしまいました。
それでも一人は怖いし、寂しいから、誰かと一緒に居たいと思う私は我侭かな・・・。
[PR]
by up_john_17 | 2005-01-12 21:46 | Drug Diary

恐怖の再診日。

今日は先週の入院事件後の診察で、何だかすごく緊張しました。
先生との治療契約破ったから、もう診れないって言われるの覚悟してたし。

案の定・・・ってか当たり前だけど、診察はその話から。

藍が行っている病院には精神科の入院施設が無いから、救急対応出来ないんだって。
基本的には。でも、仕方ない時は家族に連絡して迎えに来て貰うらしいんだけど・・・。
私の場合、家族との関係が良好では無い事もあって、
なんと主治医が今回だけは・・・と言う事で誰にも連絡しないで、
1日入院させてくれたみたいで・・・。めちゃ感謝(涙)
(ウチ、親は私が長年精神科に通っている事は知らないので。)

でも、それも今回だけで、今後そういう事があったら家族に連絡するのが、
病院のルールだから、と説明されました。こわ~~っ!(笑)

それと、勿論、処方薬の件ね。
もう暫くは処方出来ないって・・・・・・・・・・・・・・・・・・(泣)
もうホント、そんな予感はしてたけど、ショックでした。・°°・(>_<)・°°・。
まぁ、自分が悪いんだけどね(笑)
でも何と!「今の私にそれは最善では無い」とかゴネたら、
デパスだけ1週間分処方してくれました。
もうねぇ・・・。薬局で薬渡された時の軽量感ったら泣けてくるよ(笑)
でも、まだ在庫が少しあるので、大事に飲みます・・・。
しかも、最低1ヶ月は今まで通りの処方薬は出せないって!
なが~~~っ(涙)

この、以上2点。これに納得したら、治療を今まで通りに先生とするって
約束させられました。かなりしつこく(笑)
ODがね・・・すごぃ自信無いんだけど、取り敢えずは約束してみました。
もう救急に掛かる程のODは控えようと思います。

先生は暫くは薬が無いけど、これもイイ機会だから、
感情が起きた後の行動をコントロールする練習をしようって。
何かで埋めるんじゃなくて、まず、「待つ」事。・・・だとか。
はぁ・・・。仕方無いけど、お薬無しはツライです。
眠剤すらもくれないし・・・(汗)

でも、ホント先生に見捨てられなくて良かった・・・。
それに尽きる。
先生も「せっかく今まで一緒に色々考えて来たんだから、ココで治療を止めるのは
勿体無いから、約束してね」って言ってくれたし。

衝動的になると、自制がきかないから、これからどうなるかは分からないケド、
取り敢えず、今の先生と治療をして行きたいので、
約束は守るしか無いみたいです・・・。

あと、先生に「治療のペースをゆるめて下さい」って言ったら
「はぁ?すごいゆっくりだよ!(笑)」って言われました(笑)
そうかな・・・。私は何か先生に言われた事を全部守らなきゃいけないみたいで
息苦しいって言っておきました(笑)
そしたら「全部守らなくていいんだよ。」って。

私は登山者で、先生と薬は登山の為の杖でしか無いよ、と言われた。
登る意思が無かったら杖の意味も持たないし、
頂上の景色も見えないって。

すごい、「本当に病気を直す気があるのか」と言う事を何回も確かめられました。
私は「普通の人よりスタートラインが低いから、普通になりたい」って答えました。

はぁ。お薬無しはツライけど、試行錯誤の時期ですね・・・。
全部自分が招いた事だし。

私の事を見捨てないでくれた先生に感謝です。
OD事件2回目で、約束破ったのにね・・・。
でも入院施設が有る所しかもう無いよ?って言われたからね・・・(微笑)
はぁ・・・。そんな先生に私は最後ハワイのお土産あげました。

こんな事に気を使う前に自分に気を使いなさいと言う言葉付きで(爆)
[PR]
by up_john_17 | 2005-01-11 20:33 | Drug Diary

懺悔。

先に定義しておきます。私って酷い女なんです。

ハワイに一緒に行ったのは彼氏なのに、ハワイからのフライトから
帰って来て、すぐに別の男性に会いに行きました。
しかも嘘を吐いて。

そして・・・。きっと罰なんでしょうね。
駅で一緒に居る所を見られてしまいました。
でも彼は黙って何も無かったように家まで一緒に帰ってくれました。
で、翌朝から、メールで質問攻め。…というより、酷い内容のメールばかり
一方的に送られて来て、精神的に参りました。
でも、悪いのは私なので、出来る限り彼の言いたい事を受容したいと思ってましたが…。
私の病気の事を引き合いに出したり、
何より「時間を返せ」って言われた事が一番辛くて。
時間は共有するものだと思ってるから、「返せ」って一方的に私が付き合わせた
みたいで、罪悪感に苛まれました。

その彼氏とは、付き合って4年目だったんです。
病気の事も言えてたし、理解してくれてると思ってたのに、
「すべて”病気”と言って逃げてる」とか言われて途方にくれました。
同時に私はやっぱり、「普通」じゃないんだ…って改めて認識しました。

勿論、彼氏以外の男性と会う事はすごく罪悪感を感じます。
主治医に言われた「自分に嫌悪感を抱くような事はしない事」と言う言葉が
電車の中で胸を締め付けて、過呼吸気味になったくらいです。
でも、もう駄目なんです。体と心がバラバラ。心と頭もバラバラ。
自分が何してるか解らない精神状態でした。

で、次の日、予約は入れて無かったんですけど、
調子悪かったら、外来の最後に診てくれるって言われてたから電話して病院に行ったんです。
ここでももう駄目②でした。診察前から泣きっぱなし。
やっと診察呼ばれて、私が先生に言った言葉。
「ホリゾン静注して下さい。」
先生は何があったか話さないと注射しないって言うんですょ。
でも、余りに泣きすぎてて話出来なくて、
「ホリゾン筋注したら話してね。帰っちゃ駄目だよ」という約束に。
で…ホリゾン筋肉注してもらって…でも全然効かなくて。
静注は寝ちゃうからやらないって言うしさ・・・。
それで、しばらく押し問答(笑)
もうとにかくこの日は錯乱してて「先生には解んない!」とか叫んでました(笑)

…で、私先生に「今日死にます宣言」したのね。
先生の処方薬を使う事を許して下さいとか言ってたしね。本気で。
先生は、「藍さんなら、自分で判断出来るよね」とか
「来週も待ってるからね」とか言うの。でももうそんな言葉も響かなくて。
病院出たら死ぬつもりだった。死ねなかったかもだけど。
で、一応診察終わって、先生が会議に行ってしまったみたいだったんだけど、
私、本当に死にそうで自制出来ない自分が居て、怖くて、診察室戻ったんです。
ホリゾン狙いで(笑)そしたら、先生会議だったけど、急いで来てくれて…。
再度、診察。私はもう泣いてるわ、振るえは止まらないわで…なんだったんだろう。
結局、やっとそこで、何でこんなに錯乱してるか説明出来て…
先生は彼氏ともう一度話し合いをしなさい…みたいな事を言うんだけど、
拒絶された私にはもうそんな精神力も無く、もう駄目でした。

で、会計を済ませて。計画実行です。
持ってる薬のメジャー、マイナー全部飲み干しました。病院の椅子で。
(錠数は控えますねw)
で、飲んで30分くらいして、救急部に薬の殻持って行って、
「これだけ飲みました。胃洗浄お願いします。」って自分で歩いて言いに行きました(笑)
生への執着って怖いですね・・・。
で、勿論すぐに胃洗浄。主治医の先生も呼び出されちゃって迷惑かけちゃった。

でね、起きたら次の日だった。死に切れなかった自分が情けなくて。
それでも朝は来るんだ・・・って改めて実感。
そのまま会社行きましたよ・・・。皆に1泊入院したなんて言えないから、
「すごぃ顔色だねぇ~」って驚かれた・・・(笑)

私は結局の所、何がしたいか良く解らない。
生きたいのか、死にたいのか。

なんか凄いブログで、ごめんなさい。
でもどうしても、誰にも言えないし、頭もまとめたいし…。

そんな1泊2日の長く短い旅でした。
こんな私はきっと軽蔑されて当然だし、罪として背負ってくつもり。
結果的には彼氏も凄く傷付けてしまったし。

もう後戻りは出来ない。私はただただ前に進むしか無いのです。
立ち止まったら、死んでしまいそうだから・・・。

長い文章読んでくれた方、有難うございました。
[PR]
by up_john_17 | 2005-01-09 23:04 | Drug Diary

ハワイ

b0026508_2274050.jpg

行って参りました。国外退去。行き先はハワイでした。気分転換のつもりで行ったのですよ。主治医もリラックスしてきなとか言ってくれたし。

でもダメでした。全然笑えなかった。改めて私って抑欝なんだなぁと再確認しちゃって余計に笑えなかった。心の底から笑うってもう忘れちゃった。

一緒に行ってくれた人には本当に申し訳ないと思った。

いつもと違う環境だからかな。私を誰も知らないって所だけは幸せだった。
[PR]
by up_john_17 | 2005-01-09 22:07 | Drug Diary